HOME » 萎縮性腟炎(炎症性腟炎)

萎縮性腟炎(炎症性腟炎)

萎縮性腟炎は閉経後、多くの女性が悩む疾患です。

米国家庭医療学会(AAFP)によると、閉経した女性全体の40%が萎縮性腟炎にかかるとされていますが、一般的にはまだほとんど認知されていません。

女性ホルモン・エストロゲンの低下によって起こるため、更年期症状の一部だろうと見逃してしまう人が多いようです。

ほとんど症状が出ない人から、生活に影響がでてしまう人まで症状の出かたは人により異なります。感じる症状がつらいようであれば、投薬などで治療が可能です。

原因

閉経にともなってエストロゲンが分泌されなくなることで、腟の潤いがなくなり、外陰部や腟が乾燥して、萎縮してしまうことから起きる症状です。

元々ある腟内の自浄作用が失われ、雑菌が増えるために炎症が起きます。がんなどで両側の卵巣を摘出した場合にも、同じ状態となります。

症状

萎縮性腟炎の症状は、腟の乾燥や炎症、かゆみ、腟内の細菌バランスが崩れることによる悪臭の発生、色のついたおりものなどです。

腟内の潤いが失われているため、性交痛の原因にもなります。

これらの症状は腟カンジダと似ている部分があり、安易な自己判断は行わないよう注意が必要です。

腟カンジダに感染しているかもしれないという心当たりがある場合には、症状が強くなくても念のため産婦人科で検査を受けたほうがいいでしょう。

治療

治療をおこなう際、炎症が強く雑菌が繁殖している所見が見られる場合には、抗生物質の腟剤が処方されます。

一般的には、外用剤やエストロゲンの腟剤により症状が改善されます。症状が軽度であれば、保湿剤を使うことで症状の緩和が見込めます。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP