HOME » デリケートゾーンのトラブルとケア方法 » 意外と知らない!?デリケートゾーンの正しい洗い方

意外と知らない!?デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンのトラブルを予防するには、外陰部を常に清潔にしておきたいもの。でも、ていねいに洗っているのにニオイが気になったり、ボディソープで洗うとデリケートゾーンがかゆくなってしまうこともありますよね。そんなトラブルが起きているとしたら、洗い方が間違っているのかもしれません。デリケートゾーンの洗い方を見直すことで、ニオイやかゆみを予防することはできます。知っているようで、意外と知らない、デリケートゾーンの正しい洗い方をご紹介します。

デリケートゾーンの正しい洗い方

●基本は優しくいたわるように

専用ソープを充分に泡立てて外陰部に乗せて、優しく包み込むように洗います。洗う順番は、陰毛、陰核、大陰唇、小陰唇、会陰部分、肛門周りの順に。ゴシゴシこすると皮膚が傷ついてしまうので、あくまでも優しくソフトを心がけて。

●隠れた恥垢は皮膚をめくり、ていねい落とす

小陰唇のひだひだ部分や、小陰唇と大陰唇の間、クリトリスを包んでいる皮とクリトリスとの間は、特に恥垢がたまりやすい部分です。片方の手でひだひだや皮を持ちあげて、指の腹を使って撫でるようにして落とします。

●陰毛ケアも忘れずに

おろそかになりがちなのが陰毛のケア。頭皮と同じように、地肌をマッサージしながら洗いましょう。

●膣の中を洗うのはNG

しっかり汚れを落とそうとして、膣の中まで指を入れて洗おうとする人がいますが、そこまでする必要はありません。膣の中は弱酸性。自浄作用が働いて、雑菌の侵入や繁殖を抑えています。中までしっかり洗うと自浄作用が働かくなり、膣炎などのトラブルを引き起こしやすくなります。

生理中の経血が気になっても、膣の中まで指を入れて洗わないように。どうしても気になる場合は、生理の終わり頃に、ビデでさーっと経血を洗い流す程度で大丈夫です。

●お肌に合わない時は、デリケートゾーン用石鹸を

手順通りに優しくていねいに洗っているのに、まだニオイが気になったり、ボディソープで洗うとかゆくなるとしたら、石鹸がお肌に合わないのかもしれません。デリケートゾーン専用の石鹸を試してみてはいかがでしょうか。刺激が少なく、お肌にマイルドなものが多く、ニオイや雑菌をすっきり洗い流してくれます。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP