HOME » デリケートゾーンのトラブルとケア方法 » デリケートゾーン用石鹸の選び方

デリケートゾーン用石鹸の選び方

デリケートゾーンはとても敏感です。洗い方を間違えると、かゆみや肌荒れにつながることは知られていても、洗い過ぎが逆効果ということは、意外と知られていないようです。正しいデリケートゾーンのお手入れは、石鹸選びから始まるといっても過言ではありません。そこで、デリケートゾーンを優しくいたわる、石鹸選びのポイントをご紹介します。

洗いすぎがニオイの原因ってホント!?

運動をして汗をかいたり、おりものや月経血で汚れたりすると、雑菌が繁殖して陰部のニオイもきつくなります。石鹸で念入りに洗ったり、トイレに行くたびにビデ洗浄する人も少なくないのでは?

汚れをすっきり落として、清潔にするのが、ニオイ対策には効果的。だからといって洗いすぎると、お肌にとって大切な善玉菌まで洗い流してしまい、それが原因でニオイが発生します。

●善玉菌 vs 悪玉菌、どちらを残す!?

人間の身体にはたくさんの常在菌がすみついていて、「悪い菌(悪玉菌)」と「良い菌(善玉菌)」があり、通常は「良い菌」の勢力が強く、健康を保っています。

●「表皮ブドウ球菌」を残して洗う!

もちろん、デリケートゾーンにも常在菌がいます。その一つ、「表皮ブドウ球菌」は、お肌の健康を守る重要な細菌で、皮脂や汗を食べながら雑菌の繁殖を抑えてくれるのです。つまり、ニオイを抑えるには、陰部を洗っても、「表皮ブドウ球菌」を残しておく必要があります。

●「表皮ブドウ球菌」は洗いすぎが嫌い

デリケートゾーンが乾燥したり、アルカリ性の石鹸でゴシゴシと洗いすぎると、表皮ブドウ球菌はダメージを受けて、減少してしまいます。回復すれば増えてくるのですが、その前に悪い菌の活動が活発になると、表皮ブドウ球菌の回復力は、そのスピードに追いかなくなってしまいます。それでニオイが発生するのです。

身体にとって良い菌を残しつつ、悪い細菌を落とすには、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うのが、もっとも効果的!

デリケートゾーン用石鹸の賢い選び方

デリケートゾーンは、お肌と同じ弱酸性でとてもデリケート。刺激に弱く、石鹸によっては、肌荒れや炎症を起こしたり、お肌に必要な善玉菌まで殺してしまいます。

デリケートゾーン専用の石鹸はお肌と同じ弱酸性。悪玉菌だけを除菌して、善玉菌をしっかり残してくれるので、安心して使えます。

デリケートゾーン用石鹸の選び方

●お肌に優しい天然成分を選ぶ

石鹸成分にもこだわり、ハーブや生薬などの、天然成分を配合したものを選びましょう。防腐剤や合成香料などを含まない、ケミカルフリーであることも大切です。

●泡立ちがよく柔かい素材を選ぶ

石鹸は、デリケートな部分に使うものなので、使用感も大切です。やわらかい素材で泡立ちがよいものがいいでしょう。

●敏感肌には医薬部外品を選ぶ

敏感肌やアトピーの人は、デリケートゾーン専用石鹸でも、刺激が心配という声も。そういう方には、医薬部外品の薬用専用ソープがおすすめです。抗菌・消炎・消臭作用のある成分を配合しているので、デリケートゾーンを優しく洗い流してくれます。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP