HOME » デリケートゾーンのトラブルとケア方法 » デリケートゾーンの正しい保湿方法

デリケートゾーンの正しい保湿方法

デリケートゾーンは、とても敏感でうるおいが不足しがちです。乾燥すると、ちょっとした刺激でも、過敏に反応して黒ずみや肌荒れなどを起こします。

あまり知られていませんが、デリケートゾーンもお顔やボディと同じように保湿ケアが必要です。うるおいがなくなると、どのようなトラブルが起きるのでしょうか。保湿ケアと合わせて、詳しくみていきましょう。

デリケートゾーンの皮膚のメカニズム

デリケートゾーンが刺激に弱いのは、角質層がとても薄いからです。角質層が薄いと、水分が不足しがちになってうるおいや弾力が失われてしまいます。刺激を和らげるクッションがなくなるので、下着があたってすれたり、トイレットぺーパーで陰部を拭いただけでも、過敏に反応してしまうのです。ストッキンやショーツでムレるとゆみや黒ずみ、肌荒れを起こすことも。

つまり、デリケートゾーン常にトラブルの起きやすい状態ということ。うるおいを与えなければ乾燥が進んで、より深刻なトラブルに。だからこそ湿ケアが必要なのです。

デリケートゾーンの正しい保湿ケアテクニック

デリケートゾーンの保湿ケアには、普段使っているボディクリームやワセリンで大丈夫です。敏感肌や乾燥肌が気になる人は、デリケートゾーン専用のクリーム使うといいでしょう。

毎日のお手入れにデリケートゾーンの保湿ケアをプラス

お風呂で、陰部をキレイに洗った後、パール大のクリームを手のひらに乗せて、陰部やビキニラインにていねいに広げていき、お尻の割れ目まで、しっかり塗り込んでいきます。

カサカサしてかゆい時や下着の刺激で痛く感じる時にも、保湿クリームを塗ると、すぐにしっとりとしてきて楽になります。

保湿ケアを毎日のお手入れにプラスすれば、皮膚がしっとりしてきて黒ずみやかゆみも解消されます。ただし、水分の多い化粧水で保湿ケアをすると、下着をつけた時にムレやすくなるので、保湿クリームで油分を補うようにしましょう。

保湿ケアの基本は石鹸洗浄から

保湿ケアを始めるその前に。デリケートゾーンをキレイに洗いましょう。ウォッシャブルケアの基本は、デリケートゾーン専用の石鹸を使って、汚れや雑菌をきれいに洗い流すことです。

専用石鹸は、デリケートゾーンの肌質に合わせているので、刺激が少なくマイルドです。うるおい成分を配合したものも多いので、ニオイや雑菌を落としつつも、お肌のバリア機能はそのままに、しっとりとり感を残してくれます。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP