HOME » デリケートゾーンのトラブルとケア方法 » 陰部のかゆみの原因と対処法

陰部のかゆみの原因と対処法

デリケートゾーンの悩みで多い、陰部のかゆみ。かゆみの原因は、大きく分けると、デリケートゾーンのムレによるものと、雑菌の繁殖によるもの2つがあります。ムレによるかゆみは、デリケートゾーンの環境を変えれば、改善できます。

問題なのは、細菌が引き起こすかゆみ。かゆみを引き起こす細菌は、色々な種類がありますが、中でもカンジダは、女性であれば誰でも感染する可能性のある細菌です。ここでは、デリケートゾーンのかゆみの原因と対策を紹介します。

デリケートゾーンの大敵!カンジダ菌

カンジダ菌は、健康な女性であれば誰でも持っている常在菌です。常在菌といっても、細菌やウィルスとは違い、真菌というカビの一種。色々な種類のカンジダ菌がいますが、その中でも人間の身体に悪さをするのは、カンジダ・アルビカンスだけです。

主に皮膚や膣内に住みついていますが、オーバーワークで身体が疲れていたり、睡眠不足が続いたり、ストレスを受けたり、風邪をひいて免疫力が落ちると、膣内で活動が活発になって異常増殖を始めます。それにより、引き起こされる病気が膣カンジダ症です。

膣カンジダ症を発症すると、膣内で炎症が起きてカッテージチーズ状のおりものの量が異常に増えたり、外陰部の激しいかゆみが生じます。人によっては、ズキズキとした痛みを感じることもあるようです。

デリケートゾーン専用の石鹸でカンジダ菌を撃退!

膣カンジダ症の引き金になるものは、セックスや疲れ、妊娠などによる体力低下。そして生理ナプキンなどによるムレがあります。生理ナプキンを長時間つけたままにしていると、デリケートゾーンがムレて高温多湿。雑菌にとって居心地のいい環境で、カンジダ菌が大量に繁殖して、かゆくなるのです。

雑菌によるかゆみを防ぐには、デリケートゾーンを常に清潔にしておくこと。とはいえ、普通の石鹸では刺激が強すぎて、敏感な人は、かえってかゆみや肌荒れを引き起こしてしまいます。デリケートゾーンには、それ専用の石鹸があるので、デリケートゾーン専用の石鹸がおすすめです。

デリケートゾーン専用石鹸は、自然素材を配合したものが多く、お肌に優しい弱酸性。低刺激で、お肌に良い細菌だけを残して、かゆみの元になる悪い細菌をきれいに洗い流してくれます。配合成分によっては、肌荒れや炎症を抑える作用もあるので、いくつか試してみて、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP