HOME » デリケートゾーンのトラブルとケア方法 » 外陰部の痛みの原因と対処法

外陰部の痛みの原因と対処法

女性のデリケートゾーンのトラブルの一つに痛みがあります。痛みには色々な原因がありますが、病気が隠されているかもしれません。痛みのある外陰部の病気を説明します。

痛みのある外陰部の病気

痛みがある陰部の病気は色々あり、痛みの感覚や症状も様々。陰部の環境や細菌などが影響し合っているので、病気の特定が難しく、素人判断するのは危険です。ついつい後回しにしがちですが、少しでも異変を感じたら専門医に相談しましょう。

●外陰炎
デリケートゾーンの痛みで多い疾病が外陰炎。外陰炎は、外陰部周辺に炎症が広がり、痛みやかゆみ、腫れなどの症状が現れる病気です。主な原因は細菌やウィルス、真菌による感染で、疲れやストレス、病気などで体調を崩すと、免疫力が低下して、外陰炎になりやすいといわれ、膣炎と合併して発症する場合もあります。デリケートゾーンの衛生状態も関係しています。おりものシートや生理ナプキンを長時間交換しなかったり、外陰部が汚れていると、雑菌が繁殖して炎症を起こします。

●外陰潰瘍
外陰部の皮膚や粘膜に潰瘍ができる病気で、激しい痛みがあります。主な原因はベーチェット病や性器ヘルペスなどの疾患です。痛みの程度には個人差がありますが、外陰部に異変を感じたら、早めに医師の診断を受けましょう。

●バルトリン腺炎
膣の入り口に左右にあるバルトリン腺に炎症が起きる病気です。性的に興奮すると、バルトリン腺から分泌液が出てきます。ここに、ブドウ球菌や大腸菌などの細菌が感染すると、バルトリン腺が炎症を起こします。小陰唇、ときには大陰唇まで腫れや発赤が見られることがあり、痛みを伴います。外陰部に違和感があったら、早めに病院に行きましょう。

デリケートゾーンの痛みの対処法

一番の対処法は、違和感があったらすぐに病院に行くこと。検査を受けて、適切な治療を受けましょう。

治療では、抗生物質や抗ウィルス薬の内服薬や外用薬などを使います。かゆみいからといって強くかいて刺激を与えると、炎症を広げてしまうので、なるべくかかないように。

デリケートゾーンのムレや汚れも大敵です。毎日入浴して陰部をキレイにし、通気性のいい下着を身につけて、常に清潔に。疲れたり、ストレスがあると抵抗力が低下するので、栄養バランスのいい食事と、十分な睡眠をとって、体力をつけましょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP