HOME » トリコモナス » どんな病気?

どんな病気?

他の性感染症と異なり、若年層のみでなく年齢を問わずに感染者がみられます。

女性のトリコモナス症の症状は、泡状で黄緑色の、悪臭のあるおりものが増えたり、性器に強いかゆみや痛みを感じたりするのが特徴。男性の場合は、尿道から泡状で膿のような分泌物が出て、排尿時に痛みがありますが、自覚症状がないケースも少なくありません。そのため、自分の感染に気づかず、パートナーにも感染を広げてしまうことがあります。

これらの症状があったら、自己判断はせずに必ず病院で検査を受けましょう。

トリコモナス症は、腟トリコモナス原虫が引き起こす病気

日本人女性のうち、5~10%がトリコモナスに感染

トリコモナス症とは、腟トリコモナスという原虫(目には見えない、ゾウリムシのような見た目をした小さな生物)が性器内に入りこみ炎症がおきる病気です。

すでに感染している人との接触により、あらたに感染します。実際に症状が出るまでの潜伏期間は4日~1カ月程度と人によってばらつきがあります。ただし、感染後2~3日経過していれば、感染の有無を調べる検査ができます。日本人女性のうち5~10%ほど、男性では1~2%が感染しているといわれる、性感染症のひとつです。

原因は性行為や、タオルなどを介した家族内感染

トリコモナス症に感染する原因のほとんどは、性行為によるもの。なかでも、自分が感染している事実に気づいていない男性が、パートナーの女性にうつしてしまうケースが多くあります。

トリコモナスは乾燥には弱く、清潔で乾いた場所では生きていることができません。しかし、水中では長く生存できるため濡れたタオルやバスタブ、便座から感染する場合があります。そのため、性行為の経験がない女性や幼児にも発症がみられます。(稀に、感染している母体から、産道感染で新生児に感染するケースも)

万が一家族に感染者がいる場合にはタオルや体を洗うスポンジなどは共有せず、完治までは別々にして洗い、しっかり乾かすようにしましょう。バスタブや便座は常に乾燥させておくのが一番よい感染防止法です。

症状は泡状のおりものが特徴

腟トリコモナス症の特徴的な症状は、黄緑色の泡状のおりものの増加と、外陰部や腟の強いかゆみや痛みです。おりものから悪臭が発生することもあります。

また、腟トリコモナス症は、細菌性腟症を合併していることが多く、妊娠中のトリコモナス感染は、細菌性腟症も影響してお腹の張りや痛み、早産を引き起こすことがあります。疑わしい症状が出たら早い段階でかかりつけ医に相談してください。

本人が治療をおこない完治しても、パートナーが治療をしていなかったり、生存するトリコモナスが身の回りに残っていたなどから再発を繰り返すケースも少なくありません。

 
成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP