HOME » 梅毒 » 治療

治療

梅毒の治療は、男性の場合は泌尿器科、性病科、皮膚科で受けることができ、女性の場合は、産婦人科、性病科、皮膚科で受けることができます。皮膚に症状が出ている場合には、まず皮膚科を受診するといいでしょう。

性行為などにより梅毒トレポネーマに感染した後も、3週間ほどは潜伏期間で症状が出ないことが多いのですが、この間も他者との皮膚・粘膜接触により感染源となる可能性があります。

また感染した日から4週間は梅毒血清反応が出ないため、検査をしても正確な結果を得ることができません。

感染が判明した後は、経口合成ペニシリン剤が症状に合わせて処方され、2週間から3ヶ月ほど服用を続けます。

梅毒の症状

段階を経て、大きく症状が変わる病気

梅毒は感染してから「3週間後」「3ヶ月後」「3年後」と、大きく症状が変わっていきます。※ただし、分かりやすい症状が出ないこともあります

第1期 感染から、約3週間後~

梅毒トレポネーマが侵入した場所に痛みのないしこりができたり、股のつけ根部分にあるリンパ節が腫れたりします。これらの症状はしばらくすると消えますが、治療をしない限りは梅毒トレポネーマは消えずに体内にとどまっている状態です。

第2期 感染から、約3ヶ月後~

梅毒トレポネーマが血液によって全身に広がります。手のひらや足の裏を含む全身に、バラ疹と呼ばれる特徴的な発疹が現れたり、小豆大の盛り上がったできものが現れたりします。脱毛症状が見られることもあります。

これらの症状は治療を行わなくても、数週間~数カ月程度で消えます。その後はしばらく潜伏期が続きます。

晩期 感染から、約3年後~

筋肉や骨、皮下組織にゴム腫と呼ばれるゴムのようなしこりができます。

現代では、ここまで症状が進むことはごく稀です。感染後10年以上が経つと、心臓や血管、脳、脊髄、神経が梅毒トレポネーマに侵され、痴呆や進行麻痺を起こして死にいたることもあります。

多くの人は第1期から第2期の段階で気づき、治療に入ります。投薬が遅れるほどに症状が進行するため、早期発見・早期治療が大切です。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP