HOME » 口コミでも人気!デリケートゾーン石鹸おすすめランキング

おすすめ!口コミでも人気!
デリケートゾーン石鹸
ランキング

デリケートゾーン専用のソープを徹底的にリサーチし、その中から人気の高い10ブランドをピックアップしました。独自の基準を設け、「10gあたりの価格・配合成分・設立年度・香り」を評価して点数化し、合計ポイントでランキングしました。

ヴィーナスラボ「薬用ハーブナノソープ」

厳選ジャムウ配合した低刺激の医薬部外品ソープ

ヴィーナスラボ「薬用ハーブナノソープ」

女性のための低刺激にこだわったデリケートゾーン専用ソープです。他製品との違いは、「医薬部外品」ということ。厳しい基準をクリアした、消臭・肌荒れやニキビ予防効果が認められた石鹸です。 抗菌作用のある、薬用成分、「イソプロピルメチルフェノール」と「グリチル酸ジカリウム」の配合により、デリケートゾーンが爽やかに。さらに、カキタンニンとチャカテキンの働きで、気になるニオイを抑えてくれます。 気になるのがソープの刺激。インドネシア伝承の厳選したジャムウや天然アロマ成分などの働きで、デリケートな部分を穏やかに整えてくれます。デリケートゾーン以外にも使えるので、一つのソープで全身ケアができるのもうれしいですね。

総合

第1位

35/40point

医薬部外品ということもあり安心感があり、高い効果が期待できそうです。

10gあたりの価格

第4位

160円

医薬部外品かつ含有成分の数を考えれば、妥当な価格設定でしょう。

含まれている成分

第1位

17種類

薬用成分とジャムウ配合など、品質へのこだわりが伝わります。

設立年数

第3位

2002年7月

10年以上の経験と50万個突破の販売実績には安心感があります。

ヴィーナスラボ「薬用ハーブナノソープ」3つのおすすめポイント

6種類のジャムウ成分を厳選配合

インドネシア伝承の民間療法のジャムウ成分を配合した、デリケートゾーン専用のソープです。女性のデリケートゾーンを健やかに整える6種類のジャムウ成分を厳選。ラベンダーエキスやローズマリーエキス、マロニエエキスなどの働きで、除菌してかゆみや炎症を抑えて、デリケートゾーンを爽やかにしてくれます。

W薬用+抗菌成分で気になる体臭を抑える!

殺菌効果の高い薬用成分をWで配合しています。「イソプロピルメチルフェノール」と「グリチル酸ジカリウム」の二つの有効成分が雑菌を除菌して、デリケートゾーンの気になるニオイを元からカット。さらに、渋柿エキスを発酵させたカキタンニンと、お茶から抽出したチャエキスのパワーで、悪臭や体臭を抑えてくれます。

厳しい基準をクリアした医薬部外品ソープ

デリケートゾーン専用ソープは、数多く出回っていますが、「医薬部外品」認定の薬用ソープは、そう多くはありません。ヴィーナスラボ薬用ハーブナノソープは、消臭・肌荒れ予防・ニキビ予防効果が認められた、数少ない医薬部外品の薬用ソープです。デリケートゾーンからワキガ、背中ニキビまで、まるごと全身に使えます。

薬用ジャムウソープ ディアルナ

弱酸性のマイルドな泡でニオイやかゆみを撃退

薬用ジャムウソープ ディアルナ

薬用ジャムウソープディアルナは、女性スタッフが女性の身体を考えて作った、デリケートゾーン専用の泡ソープです。 泡の主成分は、いま注目の「イソプロピルメチルフェノール」。抗菌・消臭効果が高く、雑菌の繁殖を強力に抑えてくれます。さらに、厳選した9種類のジャムウ成分を濃縮。デリケートゾーンのphに合わせたアミノ酸系弱酸性でパラベンフリーなでお肌にマイルドです。 雑菌の繁殖を抑えてニオイの原因をしっかり取り除いてくれます。メントールが痒みを抑えて、デリケートゾーンは爽快に。医薬部外品なので、気になる体臭や汗臭、ニキビ対策など、全身に毎日使えるのもうれしいですね。

総合

第2位

31/40point

歴史の長さが高評価に。今後は有効成分アップなども期待できそうです。

10gあたりの価格

第5位

166円

ポンプ式で7種類の成分配合なので妥当な設定といえそうです。

含まれている成分

第5位

7種類

それほど多くはありませんが、話題の消臭成分配合に期待できそうです。

設立年数

第2位

1994年2月

10商品の中では歴史が長いので、安心感があります。

薬用ジャムウソープ ディアルナ 3つのおすすめポイント

薬用成分イソプロピルメチルフェノール配合

イソプロピルメチルフェノールは今注目を集めている薬用成分。その秘密は優れた抗菌力にあります。デリケートゾーンは汗をかいたりムレると、ニオイのもとになる雑菌が繁殖します。この発生を抑えてくれるのが、イソプロピルメチルフェノール。デリケートゾーンを強力に殺菌してくれるのでイヤな臭いがなくなるのです。

オリジナル厳選ジャムウ成分を配合

ジャムウは数種類の生薬をブレンドした民間伝承の治療薬。消臭・雑菌・予防効果があり、古くからインドネシアでは、女性のデリケートゾーン・ケアに、ジャムウが使われていたそうです。カンゾウエキスやユーカリエキス、カミツレオイルなど7種類をオリジナルブレンドし、雑菌やニオイ、炎症を抑えてお肌を優しく守ります。

デリケートゾーンに優しいアミノ酸系弱酸性

デリケートゾーンのph値は4?5で弱酸性。一般的な石鹸はアルカリ性なので、これを使うとバリア機能や常在菌まで洗い流し、お肌のバランスを崩してしまいます。天然由来のアミノ酸系成分「ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液」などを配合した弱酸性なので、デリケートゾーンを優しく洗い上げてくれます。

薬用東京ラブソープ

シリーズ累計150万個を突破した薬用ソープ

薬用東京ラブソープ

テレビ・ラジオCMで紹介されて大ヒットし、累計150万個を突破した東京ラブソープが、「薬用東京ラブソープ」となって登場しました。気になるデリケートゾーンのニオイから、体臭・汗臭で悩む、女性のために開発したデリケートゾーン専用ソープです。 天然ハーブを徹底研究し、独自に調合した「ロイヤルジャムウ」と、殺菌・消臭効果のある、二つの有効成分、「トリクロサン」と「グリチルリチン酸」を配合。さらに、カキタンニン、チャエキスが加わり、デリケートゾーンを強力に殺菌して、豊かな泡立ちで、ニオイや黒ずみを、洗い流してくれます。全身に使えば、くすみのない、透明感のあるお肌に導いてくれますね。

総合

第3位

30/40point

配合成分を高く評価。中堅ブランドらしい、健闘ぶりです。

10gあたりの価格

第6位

170円

配合成分に対して、良心的な価格設定なので、毎日使えそうです。

含まれている成分

第2位

15種類

独自ブレンドのロイヤルジャムウや薬用成分など、期待度◎

設立年数

第5位

2005年1月

中堅のブランドの自信が爆発ヒットにつながっているようです。

薬用東京ラブソープ 3つのおすすめポイント

2つの薬用成分配合で抗菌・消臭アップ!

抗菌・消臭効果がある、薬用成分「トリクロサン」と「グリチルリチン酸」を配合しています。トリクロサンは、大腸菌やブドウ球菌などの抗菌作用が高く、雑菌の繁殖を抑えてくれます。グリチルリチン酸には、炎症を抑えて色素沈着を防ぐ働きがあるので、デリケートゾーンのニオイや黒ずみ、くすみを洗い流してくれます。

独自ブレンドのロイヤルジャムウ配合

ジャムウは、インドネシア伝承のナチュラルハーブ。伝統レシピで生薬やハーブを調合したジャムウは、抗菌・消臭作用などがあり、インドネシアでは未だに使いつづけられています。薬用東京ラブには、独自に調合した、「ロイヤルジャムウ」を配合して、ニオイと一緒に、クスミや黒ズミも一緒に洗い流してくれます。

保湿・美肌成分の配合で、うるぷる肌に

保湿作用のある植物プラセンタ「バイオアンテージ」と美肌成分「天然成分セリシン」、さらに豆乳発酵液の3つの保湿・美肌成分の働きで、全身をうるぷるお肌にしてくれます。特に注目したいのが、バイオアンテージ。アロエベラ・カッコン・クロレラの抽出液を、バイオ技術の力で加工し、動物プラセンタ以上の効果があるそうです。

ロンタルハーバルジェルソープ

ジャムウ処方で臭い・保湿・黒ずみ・洗浄力強化

ロンタルハーバルジェルソープ

毎日使うものだから、「住んでいる土地の植物が適している」。その理論のもと、インドネシア伝統的レシピのジャムウ処方により、アジアに自生するハーブを中心にセレクトした、ジェルタイプのデリケートゾーン専用ソープです。 ジェルに含まれている粘土(ペントナイト)は、洗い上がりがさっぱりとして、お肌に透明感を与えてくれます。お肌への優しさにもこだわり、デリケートゾーンのphに合わせた弱酸性で、防腐剤や合成香料などのケミカルフリー。これ1本で、Vゾーンから脇、足まで、気になるニオイや黒ずみをきれいに洗い流して、お肌に潤いを与えてくれます。持ち運びができるチューブタイプでキレイなパッケージなので、お泊りでも安心ですね。

総合

第4位

25/40point

成分やパッケージ、形状、価格などバランスの取れている商品です。

10gあたりの価格

第3位

148円

良心的な価格設定で、しかも使いやすさにもこだわっているので、長く使えそうです。

含まれている成分

第3位

10種類

ニオイ・保湿・黒ずみ・洗浄にポイントを絞ったセレクトが◎

設立年数

第7位

2008年9月

比較的新しい会社ですが、布ナプキン老舗ブランドのプライドを感じます。

ロンタルハーバルジェルソープ 3つのおすすめポイント

ジャムウ処方で、4つの悩みを解消

ニオイ・保湿・黒ずみ・洗浄力の4つのポイントにこだわり、ハーブをセレクト。毛穴の奥の汚れを落とすパパイア、かゆみや乾燥肌を防ぐカモミール、お肌に透明感を与えれるニーム、メラニンに働きかけるカムカムなど10種のハーブを、インドネシア伝承のジャムウ処方に濃縮。デリケートな悩みを優しく洗い流してくれます。

ケミカルフリーのお肌に優しい専用ソープ

皮膚が弱かったりアトピーがあると、石鹸に含まれている化学物質に反応してお肌が荒れてしまうことがあります。ロンタルハーバルジェルソープは、パラベン(防腐剤)や合成香料などのケミカル=化学物質を一切使用していません。天然由来成分をセレクトしたケミカルフリーなので、お肌の弱い人でも安心ですね。

チューブタイプで手軽に持ち運びができる

石鹸は毎日使うものだから、持ち運びの良さも大切えす。施策を繰り返してようやく完成したのが、チューブタイプのパッケージ。デザインにもこだわり、浴室に華を添えキレイなイラスト。お泊りの時に一緒に持っていけば、誰にも気づかれずに、デリケートゾーンのケアができてうれしいですね。

インティマ

年間300万本の実績!ポーランド産専用石鹸

インティマ

ポーランドの化粧品トップメーカー「Ziaja」(ジャヤ)が開発したインディマは、年間300万本以上の実績がある、デリケートゾーン専用ウォッシャブルジェルです。ヨーロッパでは、「インティメイトケア(デリケートゾーンケア)」は常識で、その中でもインティアは42%のシェアを誇る実力商品。 乳酸菌の働きを考え、感染リスクを抑えるフルーツ酸を配合。デリケートゾーンに優しい弱酸性。パンテノールが加わり、バリア機能を損なわずに、うるおいを残して、すっきりと洗い流してくれます。痒みやニオイが気にならなくなったという愛用者も多く、医療従事者のモニターでも高く評価。香りは3種類あるので、気分に合わせて選べます。

総合

第5位

21/40point

成分が少なくて残念ですが、3種類の香りから選べるのはうれしいですね。

10gあたりの価格

第1位

63円

他の商品と比べると、ダントツの安さ。成分を考えると妥当なのか、やや不安も。

含まれている成分

第10位

1種類

ユーザーは、多くの効果を期待するもの。より効果を高める成分が欲しいですね。

設立年数

第1位

1992年5月

ポーランドでのシェア№1誇る、老舗ブランドの安心感があります。

インティマ 3つのおすすめポイント

デリケートゾーンにマイルドな弱酸性

デリケートゾーンは、ph4.5?5の、お肌と同じ弱酸性です。皮脂膜にはバリア機能があり、雑菌の繁殖や肌荒れを抑えてくれますが、アルカリ性の石鹸を使うと、バリア機能が働かくなってしまいます。インティマのphは、女性の身体を考えた弱酸性。マイルドに洗い流して、デリケートゾーンをソフトにケアしてくれます。

うるおい残す乳酸・ビタミンB5・パンテノール配合

乳酸、パンテノールを配合し、汚れをしっかり落としてうるおいをキープ。乳酸がデリケートゾーンに常駐して、雑菌の繁殖を抑えてくれます。パンテノールは水溶性のビタミンで、ビタミンB5のプロビタミンともいわれている成分です。荒れたお肌を修復する働きや消炎作用があり、素早く浸透してお肌に潤いを残します。

天然ハーブエキス配合で選べる香り

3種類のハーブの香りを用意。タンポポ根エキスはビタミン・ミネラルが豊富で細胞を活性化する働きがあり、爽やかな香りが特徴です。カモミールは消炎・保湿・鎮静作用があり、ほのかな甘い香でリラクゼーション効果抜群。マリーゴールドエキスには傷ついた粘膜や皮膚を修復する働きがありフルーティな香りが楽しめます。

6位以下のデリケートゾーン専用の石鹸はこちら

6

20/40point

ジャムウ・ハーバルソープ

メディアなどで紹介されているので、知名度がかなりあるブランドです。コスパの悪さが順位に影響しました。ブランド力があるので成分の研究など、今後に期待。

7

19/40point

ペマエンジェル レディハート

製法や成分へのこだわりは◎今後は購入しやすさを視野に入れて!社長自身の悩みから石鹸作りが始まったので、今後に期待できそです。

8

23/40point

PHケア フェミニンウォッシュ

価格の健闘ぶりは評価できるので今後の成分改良に期待したいです。中堅ブランドですが、世界22か国の女性に支持されている人気ブランドです。

9

16/40point

ジャムウ プレミアムソープ

成分量や価格設定など、バランスの悪さを感じます。5年以上のキャリアがあるので、今後に期待したいところ。

10

12/40point

JC 薬用ジャムウマシュマロソープ

人気商品なので試したくなりますが、価格と製造で再検討の余地ありですね。売り切れ御礼の人気ですが、すぐに手に入らないのはマイナスイメージに。

デリケートゾーン専用石鹸はこんなときに使おう

臭いがあるとき

臭ってしまう主な原因、それは雑菌です。雑菌は汗や湿った環境を好むので、下着などを着用するデリケートゾーンは、常にムレやすく雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。他にも繁殖をうながしてしまう原因があります。
例えば、洗浄力の強いボディソープで洗うこともよくありません。洗浄力が強いということは、肌に対しても刺激が強いということ。この刺激が元となり臭いにつながることもあります。また、肌にとっていい働きをしてくれる善玉菌が殺菌してしまうこともあり、その結果、雑菌が繁殖してしまい臭いが発生することも…。
専用石鹸を使用するメリットはここにあります。デリケートゾーンにあわせて優しい成分で作られているので、刺激が強くありません。これまで使っていたボディソープや石鹸を専用石鹸に変えるだけで、臭いやかゆみなどの症状が和らぐと期待できるのです。

黒ずみが気になるとき

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、顔のシミと同じメラニンです。皮膚が薄く刺激を受けやすい部分はメラニンによって黒ずみやすい傾向があります。そのため、下着やナプキンによる摩擦が多いデリケートゾーンは黒ずみができやすいのです。
刺激による黒ずみを対策するためにも、専用石鹸がオススメです。肌に優しい刺激の少ない成分で作られているため、炎症が起こりにくいのはもちろん、黒ずみに効果の期待できる成分が含まれていることもあります。

デリケートゾーンの洗い方

洗い方で気を付けることは、ゴシゴシと強く洗わないことです。強く洗い肌を傷つけてしまうと、雑菌が増える原因になったり、黒ずみの原因にもなったりと、専用石鹸を使うメリットが薄くなってしまいます。
手や泡立てネットなどを使い、しっかりと泡立てて優しく洗うこと。これが何よりも大切です。洗う順番は前から順に、肛門に向かって洗います。最後はシャワーで泡をキレイに洗い流すようにしましょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP