HOME » かゆみ・黒ずみ・におい…デリケートゾーンの悩みあれこれ » デリケートゾーンの黒ずみを改善するには?

デリケートゾーンの黒ずみを改善するには?

デリケートゾーンの悩みで多いのが、くすみや黒ずみ。他人と比較できないうえに、基準も分らないので、一人で悶々としてしまう人も多いのでは。性経験が豊富な人ほど、陰部の黒ずみが目立つという声もありますが、医学的・科学的な根拠はまったくないそうです。

デリケートゾーンの黒ずみは、お顔にできるシミと同じように、メラニンの仕業です。陰部はメラニンの活動が活発な部分で、黒人や東洋人のように、メラニンの多い人種は、陰部の黒ずみが強くなる傾向にあります。

ホルモンバランスと深い関係のメラニン色素

妊娠や加齢などでホルモンバランスが乱れると、新陳代謝が悪くなり、お肌の活性化(ターンオーバー)が正常に働かなくなります。通常は28日サイクルで、古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれ落ちて、きれいなお肌に生まれ変わります。ところが、ターンオーバーが正常に働かなくなると、メラニン色素が残ったままとなるので、黒ずんでしまうのです。

外部からの刺激も、黒ずみの原因

お肌は外部からの刺激を受けると、メラニンが沈着してシミやくすみができやすくなります。それと同じように陰部も、きつめの下着や化学繊維などの刺激を受けると、お肌を守ろうとしてメラニンを生成して黒ずんでしまうのです。生理ナプキンやおりものシートなどを、長時間つけたままにしていても、雑菌が繁殖して炎症を起こしやすくなり、それ黒ずみの原因になります。

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐ

デリケートゾーンの黒ずみを完全に取り除こうとするのは無理。ですが、陰部に刺激を与えない工夫をすることで、これ以上黒くさせないことは可能です。

デリケートゾーンに優しい下着をつける

下着はほぼ24時間身につけているもの。デリケートゾーンは汗をかきやすく、蒸れやすいので、できるだけ通気性がよく、汗を吸収しやすい素材を選びましょう。綿やシルク素材がおすすめです。きつい下着をつけていると、陰部を締め付けたり食い込んでしまい、そこが黒ずんでしまうので、身体のサイズに合ったものを選びましょう。

生理ナプキンはこまめに交換して

デリケートゾーンは汗をかきやすく、雑菌が繁殖しやすい環境です。特に生理中のお肌はデリケート。生理ナプキンを汚れたままにしておくのはもってのほかです。雑菌が繁殖して、炎症を起こすと黒ずんでしまうので、トイレに行くたびに交換しましょう。

デリケートゾーン専用ソープで清潔に

デリケートゾーンケアに加えたいアイティムが、デリケートゾーン専用ソープです。最近では、陰部のphに合わせた弱酸性タイプや、黒ずみやくすみに効果があるものも。色々試してみて、お肌に合ったタイプを選ぶといいでしょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP