HOME » かゆみ・黒ずみ・におい…デリケートゾーンの悩みあれこれ » おりものが匂います。ニオイの解消法は?

おりものが匂います。ニオイの解消法は?

おりものは、子宮内膜や子宮頸管から出る分泌部物です。おりものは、子宮や膣の健康状態を知るバロメーターです。

おりもののニオイは、子宮や膣の健康状態のバロメーター

卵胞ホルモン(女性ホルモン)の分泌と深い関わりがあり、排卵前後や生理前後には、おりものの量が増加します。個人差もありますが、体調や病気などの影響で、ニオイや色、状態などに特徴が現れます。普段からおりものの状態をチェックしていれば、子宮や膣のトラブルを早めに発見できますね。

正常なおりものって、どんなニオイ

おりものが下着について乾くと、つんとした、酸っぱいニオイがしませんか。これが、健康な時のおりもののニオイです。このニオイの正体は、膣内にいる常在菌の「デーデルライン桿菌」。乳酸菌の一種で、この細菌が雑菌の繁殖を抑えてくれます。

生理前後になるとおりものにも変化が

おりものは個人差があるので定義は難しく、一般的には透明から淡いクリーム色で酸っぱいニオイがします。下着につくと黄色っぽくなり、ニオイもやや強くなるようです。また排卵から生理にかけては、おりものの量が増えてニオイが強くなり、血が混じって茶色味を帯びり、ドロッとした白身のような状態になります、正常なリズムなので心配する必要はありません。

おりもののニオイの原因は、2種類あり!

 おりもののニオイを大別すると、「陰部の雑菌のニオイ」と「おりもの自体のニオイ」があります。ですので、キツイニオイだからといって、すぐに性感染症を疑うのは早すぎます。

陰部の雑菌のニオイ

陰部には、汗腺が多く集まっているので、汗をかきやすくなっています。しかも下着を身につけているので、デリケートゾーンは高温多湿。とても蒸れやすく、常在菌が恥垢を分解したり、下着や陰部に残っていた汚れに雑菌が繁殖して、いや~な臭いが発生します。

おりもの自体のニオイ

膣には、自浄作用があり、雑菌の繁殖を抑えています。ところが、ストレスや睡眠不足などが続くと体力が落ち、常在菌の「デーデルライン桿菌」が減少して、自浄作用が低下します。抗生物質を服用した時も同じで、常在菌を減らしてしまいます。自浄作用が働かなくなると雑菌が繁殖して、不快な臭いが発生します。

デリケートゾーンケアでニオイを解消!

洗いすぎはトラブルのもと!

デリケートゾーンのニオイ対策の基本は、陰部を清潔にすること。お風呂に入って、石鹸で汚れや雑菌をキレイに洗い流すのが一番の解決策です。でも、おりものの臭いに神経質になりすぎて、洗いすぎるのは好ましくありません。潔癖にし過ぎると、お肌のphバランスが崩れて自浄作用が働かなくなり、雑菌が繁殖しやすくなります。また、タオルの刺激で傷つけてしまうこともあるので、優しくていねいを心がけましょう。

石鹸を選ぶポイント

デリケートゾーンは酸性が強く、アルカリ性のボディソープや石鹸を使うと、皮膚を弱酸性に保っている菌を殺菌してしまいます。石鹸の刺激に弱い人は、石鹸負けして、ひりひりしたり、かゆくなることも。

石鹸を選ぶポイントは、皮膚に優しいタイプを選ぶこと。デリケートゾーンに合わせた弱酸性の石鹸や、デリケートゾーン専用ソープを使うといいでしょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP