HOME » かゆみ・黒ずみ・におい…デリケートゾーンの悩みあれこれ » カンジダ腟炎は男性にもうつる?

カンジダ腟炎は男性にもうつる?

カンジダ腟炎は、女性の膣に炎症が起きる感染症です。パートナーにはうつらないと思われがちですが、男性でもカンジダに感染します。

女性に比べると自覚症状はほとんどなく、自然治癒することも。ですが、ペニスに感染すると、カンジダ性の亀頭包皮炎を発症して、性器のかゆみや排尿痛などが現れます。

男性と女性の性器の違い

一般的に、男性の感染率は低く、その理由は性器の構造にあります。男性は女性と違って性器が身体の外側に出ているので風通しがよく、ペニスにとって雑菌が繫殖しにくい環境です。だから、清潔を心がけていれば、カンジダとは無煙なんですね。

包茎はカンジダに感染しやすい!?

包茎の人は、カンジダに感染しやすく、症状が現れると治りにくいといわれています。包茎はペニスが包皮に包まれている状態で風通しが悪く、感染するとカンジダを包皮ですっぽり包み込んでしまいます。簡単に洗い流すことができないので、そこにカンジダが増殖して、亀頭包皮炎を発症してしまうのです。

感染すると、どんな症状が現われるの!?

男性のカンジダの症状の特徴は、ペニスの回りに付着した、垢のような白いカスです。湿っている時は白い垢状ですが、乾燥するとボロボロと剥がれて、カサカサとした皮膚になります。また、ペニスや包皮のかゆみや軽い排尿痛がある場合も。症状が悪化すると水泡や赤い発疹が現れたり、炎症を起こして皮膚が割けてしまい、傷ができることもあるようです。

<こんな症状があれば要注意>

  • ペニスや包皮に赤い発疹がある
  • 亀頭炎を起こしてペニスが痛痒い
  • 性器に小さな水泡がある
  • 排尿時に軽い痛みがある

もしパートナーが感染したらどうすればいいの!?

一般的に、女性は男性よりも感染しやすく、発症するとおりものの異常や陰部のかゆみなどの症状が現れます。

カンジダは、女性ホルモンと深い関わりがあり、エストロゲンの分泌が盛んな20代での感染率が高く、パートナーからうつされるケースも少なくありません。

もしパートナーから、感染したことを打ち明けられたとしても、冷たい態度を取るのは避けて。勇気を持って告白したのですから、その気持ちをきちんと受け止めて、優しく接してあげましょう。それに、あなたも感染している可能性があるので、二人で病院に行って二人三脚で治療を受けましょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP