HOME » かゆみ・黒ずみ・におい…デリケートゾーンの悩みあれこれ » 妊娠中にカンジダと診断されました。ぬり薬だけで治るの?

妊娠中にカンジダと診断されました。ぬり薬だけで治るの?

妊娠中に、おりものの量が増え始めたり、外陰部が猛烈にかゆくなったり、痛、みや腫れのような症状が現れたら、もしかしたら、カンジダ膣炎に感染しているかもしれません。

カンジダ膣炎は、おもにおりものの状態で判断できます。ニオイの変化は特にありませんが、おりものが特徴的で、酒粕のように白く濁ったり、カッテージチーズのようなボロボロとしていて、おりものの量も増えます。それにより、外陰部が刺激されて、皮膚が真赤にただれたり、発疹ができて、我慢できないほどのかゆみに悩まされることも。

デリケートゾーンに不快症状があると、人に相談することもできず、様々な面でストレスを感じるようになります。特に妊娠中のストレスは、胎児にも悪い影響をあが得るので、おりものの異常を感じたら、一人で抱え込まずに専門医に相談しましょう。

妊婦すると、どうして膣カンジダ症に感染しやすくなるの?

膣カンジダ症は、真菌と呼ばれるカビの一種、カンジダに感染して起きる病気です。人間の身体には、常に100種類ぐらいのカンジダがいますが、その中で感染症を引き起こすのは、カンジダ・アルビカンスだけ。

主な感染ルートは性行為なので、妊娠中の感染はあり得ないと思う人が多いようです。でも安心しきってはダメ! 妊娠中は感染しやすいといわれ、妊婦健診で初めて感染が分かるケースも少なくないようです。

妊娠中は、カンジダが増殖する条件が整う!?

妊娠中に膣カンジダ症が多い理由として、体質の変化が考えられます。

膣カンジダ症と免疫力は、深い関係があり、ストレスや睡眠不足、病気などで免疫力が低下すると、感染しやすくなります。

妊娠すると、ホルモンバランスが変化したり、つわりで食欲が落ちたりするので、体力も弱りがち。膣内もアルカリ性に傾くので、カンジダにとって格好の住処となります。陰部も、おりものの量が増えて、汗もかきやすくなるので、蒸れやすくなり、雑菌が繁殖しやすくなります。これらの条件が重なって、妊娠中は感染しやすいと考えられています。

妊娠中でも、膣カンジダ症の治療はできるの!?

デリケートゾーンの悩みは、相談しづらい面がありますが、そのままにしていると、胎児にも危険が及びます。出産時に赤ちゃんが産道を通る時に、感染してしまいます。毎月の妊婦検診を受診する時に担当医に相談するといいでしょう。また、産婦人科では、妊娠後期の妊婦さんには、検診時にカンジダ膣炎のチェックするので、その時に分かる場合もあります。

妊婦中の治療制限はありません!

妊娠中だからといって、特に治療制限はありません。治療では、抗真菌剤(膣剤)を膣の中に挿入して、カンジダを除菌します。

●塗り薬だけで治るの!?

カンジダ膣炎の治療の目的は、膣内にいる、カンジダ・アルビカンスの除菌です。この真菌が悪さをして、不快症状が現れるので、抗真菌作用のある膣剤で、膣内にいるカンジダをコントロールします。強いかゆみがある時は、抗真菌作用のある塗り薬を処方して、かゆみを抑えます。

●治療は途中で止めないで

通常は1~2週間で症状が軽くなりますが、膣内に真菌が残っている可能性もあります。途中で治療を止めると、ぶりかえしたり、再発することもあるので、必ず医師の指示に従って、最後まで治療を受けましょう。

●強いかゆみ、市販のかゆみ止めを使って大丈夫!?

強い痒みを抑えようと、市販のかゆみ止めやステロイドを使う人がいますがこれはNG。かえって症状を悪化させてしまいます。病院で、必ず塗り薬タイプの抗真菌薬を処方してもらいましょう。

妊娠中の膣カンジダ症の予防

カンジダ膣炎の予防の第一は、体力を落とさないことです。栄養バランスのいい食事や、適度な運動、ストレスをためない生活に心がけて、できるだけ体力をキープするように心がけて。味覚や嗅覚も変わるので、大好きな食べ物を身体が受け付けなくなり、食欲が落ちてきます。できるだけ栄養バランスのいい食事を摂るようにしましょう。

睡眠不足が続くと、疲れが抜けなくなり、体力も低下します。疲れを感じた時は、睡眠時間を十分に取りましょう。血糖値が高くなると、真菌の活動が活発になるといわれているので、甘い物はできるだけ控えた方がベストですね。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP