HOME » カンジタ » 予防・改善

予防・改善

カンジタ膣炎は、女性ならだれでもかかる可能性のある病気です。発症すると、大量のおりものと、激しい陰部のかゆみに悩まされます。デリケートな部分なので、友人やパートナーに相談できず、悪化させてしまう人も少なくありません。辛い症状で悩む前に、日常生活を見直すことで、カンジタ膣炎は防げます。その第一歩が、デリケートゾーンを清潔に保つことです。カンジダを予防・改善する、デリケートゾーンケアをみていきましょう。

予防の第一歩は、清潔なデリケートゾーン

●デリケートゾーン専用石鹸でトラブル解消
陰部には、おりものや汗、経血、尿、恥垢と呼ばれる垢が溜まっています。しかも、下着やおりものシート、生理ナプキンが陰部と密着しているのでムレやすく、衛生状態が悪いと雑菌やカンジタが繁殖しててしまいます。こうしたトラブルは、デリケートゾーン専用の石鹸を使い、陰部の汚れや雑菌をていねいに洗い流すと、ある程度、防ぐことができます。

●デリケートゾーンに優しい低刺激
デリケートゾーン専用の石鹸は、膣周囲の環境と同じ弱酸性で、生薬やハーブを調合したジャムウ成分配合のものもあり、低刺激です。きめ細かな泡立ちでデリケートゾーンを包み込み、気になる汚れや雑菌、ニオイをさっぱりと洗い流してくれます。

厳しい基準をクリア 薬用石鹸

専用石鹸は数多く出回っていますが、ぜひ使いたいのが、厳しい基準をクリアした、薬用(医薬部外品)デリケートゾーン専用石鹸です。

●普通の石鹸とどう違うの?

医薬部外品は、目的に対する有効成分が、一定量以上配合された製品です。医薬品ではありませんが、薬用効果が認められているので「有効成分」の表示ができ、予防のために使われます。

薬用デリケートゾーン専用石鹸は、イソプロピルメチルフェノールやグリチルリチル酸ジカリウムなど、殺菌作用の強い薬用成分を配合しているので、かゆみやニオイの元になる細菌を強力に除菌して、デリケートゾーンの悩みを解消してくれます。

おすすめの薬用デリケートゾーン専用石鹸ベスト3

薬用デリケートゾーン専用石鹸には、色々な種類があり、ブランドごとに独自開発した成分を配合します。ニオイや泡だち、洗い上がりなども、製品ごとに違います。あまりにも量が多すぎて、どれを使ったいいのか迷ってしまいそう。そこで、ぜひおすすめしたい、「薬用デリケートゾーン専用石鹸ベスト3をご紹介します。

薬用ハーブナノソープ(ヴィーナスラボ)

ヴィーナスラボ薬用ハーブナノソープ

抗菌作用のある、薬用成分「イソプロピルメチルフェノール」と「グリチル酸ジカリウム」、独自のジャムウ成分+天然アロマ成分を配合しています。カキタンニンとチャカテキンが加わり、ニオイや雑菌をさわやかに洗い流して、気になるニオイや雑菌をすっきりと落して、デリケートゾーンを穏やかに整えてくれます。

「薬用ハーブナノソープ」について検証しています>>>

薬用ジャムウソープ ディアルナ(ディアルナ)

ディアルナ 薬用ジャムウソープ ディアルナ

女性スタッフが女性のために開発した、デリケートゾーン専用石鹸です。抗菌・消臭作用のある、「イソプロピルメチルフェノール」と、厳選した9種類のジャムウ成分を配合。薬用成分とジャムウ成分が、気になるニオイと雑菌を強力に洗い落してくれます。さらにメントール配合で、さわやかな洗い上がりです。

「薬用ジャムウソープ ディアルナ」を検証>>>

薬用東京ラブソープ(ハッピープライス)

薬用東京ラブソープ

女性のために開発したデリケートゾーン専用の薬用ソープです。殺菌・消臭作用のある「トリクロサン」と「グリチルリチン酸」、独自ブレンドの「ロイヤルジャムウ」、カキタンニン、チャエキスを配合。デリケートゾーンを強力に除菌し、気になるニオイや黒ずみから、全身の体臭、汗臭まで洗い流してくれます。

「薬用東京ラブソープ」について検証しています>>>

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP