HOME » カンジタ » どんな病気?

どんな病気?

デリケート・ゾーンのトラブルでもっとも多いのが、カンジタが引き起こすカンジタ膣炎です。外陰部や膣内に激しい痛みやかゆみ、おりものの異常などが現れます。デリケートな部分なだけに、一人で悩んでしまう女性も多いようです。

カンジタは、膣の中に住むカビの一種

女性の5人に1人は、カンジタ膣炎で悩んでいます

カンジタは真菌の一種で、いわゆる、人体に付着するカビのこと。白癬菌と同じカビの仲間なので、「清潔にしていれば大丈夫」。そう思われる人も多いようですが、実は膣の中に住みついている常在菌なので、女性であれば、誰もがカンジタを抱えています。現に女性の5人に1人はカンジタ膣炎の経験があるといわれています。

カンジタ膣炎は、薬でコントロールすれば完治しますが、免疫力が低下すると、カンジタが増加して再発します。再発を繰り返しやすく、完治した人の半数は再発しているそうです。

原因は免疫力低下によるカンジタの増加

身体の中にカンジタがいるのに、普通はデリケート・ゾーンのトラブルはありませんよね。健康な時は、膣の中で常在菌のバランスが保たれているので、カンジタが増えないからです。ところが、ストレスや疲れが溜まって体力や免疫力が低下すると、膣内の自浄作用が働かなくなり、カンジタが増え過ぎてしまいます。そのため、カンジタ膣炎を発症して、デリケート・ゾーンの痒みやおりもの異常などの、不快症状が現れます。

症状は激しいかゆみとおりものの異常

カンジタ膣炎の特徴的な症状の一つにデリケーとソーンの痒みがあります。この部分の皮膚は、とてもデリケートです。猛烈に痒いからといって、強く掻いてしまうと、皮膚を傷つけたり、炎症を起こしてしまいます。

おりものの状態も異常になり、白いヨーグルト状、またはカッテージチーズ状や白色酒粕状のおりものの量が増えます。

ホルモンバランスとカンジタの関係

疲れやストレスのほかに、ホルモンバランスの乱れが影響しています。生理前後や妊娠中などはホルモンバランスが崩れて、膣内の自浄作用が働かなくなってカンジタが増殖することもあります。

薬の服用も自浄作用を低下させる

抗生物質の影響もあります。抗生物質は膣内の細菌バランスを崩す恐れがあり、カンジタが増殖しやすくなります。ステロイドの長期使用も同様です。

性交渉でカンジタ感染 ウソ、ホント

カンジタ膣炎は、性交渉でうつると思われがちですが、実は女性から男性に感染することは、あまりありません。だからといって、発症している時の性交渉は控えたいもの。

発症時は膣内が非常にデリケートになっています。性交時に膣内を痛めたり、カンジタを増やしてしまいます。症状を悪化させないためにも、つつしみましょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP