HOME » カンジタ » これってカンジダ!?おりもの・かゆみチェック

これってカンジダ!?おりもの・かゆみチェック

おりものの量が増えたり、陰部がかゆくなったりすると、「もしかして、カンジタかも!?」と心配になってきます。おりものの異常やかゆみは、カンジタの特徴的な症状ですが、トリコモナス膣炎やクラジミア感染症など他の陰部の病気でも、同じような症状が現れる場合があります。「おりもの」と「かゆみ」のチェックリストを使って、その症状がどの病気にあてはまるのか、調べてみましょう。

症状から病気が分かる! おりもの・かゆみチェックリスト

●カンジダ膣炎

どんな病気?
免疫力低下により、膣内でカビの一種(真菌)カンジダが異常に増殖して、膣内に炎症が起きる病気です。

どんな症状?
膣に炎症を起こしてかゆみが起きます。おりものの量が増えて、その刺激で外陰部の炎症とかゆみが起きます。

おりものは?
おりものの量は多く、白いヨーグルト状、またはカッテージチーズ状や白色の酒粕状です。

かゆみは?
おりものの刺激による外陰部の激しいかゆみ、膣のかゆみがあります。

●トリコモナス膣炎

どんな病気?
カンジタ膣炎と症状がよく似ている疾病で、膣内でトリコモナス原虫に感染して膣炎を発症します。 

どんな症状?
特徴的な症状は、おりものの異常と外陰部のかゆみ、外陰部のただれや膣内のヒリヒリ感、排尿痛などです

おりものは?
黄色味を帯びた悪臭のするおりものや、泡状になったおりものが増加します。

かゆみは?
おりものの刺激で外陰部に強いかゆみを感じることがあります。

●クラミジア感染症

どんな病気?
クラミジア・トラコマチスという病原菌に感染して発症する疾病で、日本でもっとも多い性感染症です。

どんな症状?
おりものの増加、性交時出血、排尿時痛などがありますが、自覚症状がなく感染に気付かないことも少なくありません。病状が進むと、下腹部に強い痛みがあったり、不妊の原因になることもあります。

おりものは?
水っぽいおりもので、悪臭をともなうことがあり、おりものの量も増加します。

かゆみは?
かゆみはありません。

●淋病

どんな病気?
淋菌に感染して発症する疾病です。日本では梅毒と並ぶ古典的な性感染症で、日本では特に男性に多く見られます。

どんな症状
おりものの増加がありますが、女性の場合は自覚症状がなく感染に気付かないことも少なくありません。病状が進むと、下腹部に強い痛みがあったり、不妊の原因になることもあります。

おりものは?
黄緑色の膿のようなおりもので、悪臭をともなうことがあり、量も増加します。

かゆみは?
性器にかゆみにかゆみをともなうことがあります。

●梅毒

どんな病気?
梅毒トレポネーマという微生物に感染して発症する性感染症です。

どんな症状?
外陰部や膣に硬いしこりができ、進行すると全身に発疹があらわれます。さらに進行すると全身にゴム状の腫瘍ができ、末期になると大動脈瘤や神経障害を起こします。

おりものは?
おりものの異常は特にありません。

かゆみは?
かゆみは特にありません。

●細菌性膣炎

どんな病気?
特定の病原菌が原因なのではなく、膣内の善玉菌が減少して、種々の一般細菌が異常増殖して起きる病気です。

どんな症状?
外陰部のかゆみや刺激感、おりものの異臭や水分の多いおりものがあります。

おりものは?
魚の腐ったような生臭い臭いと、水のようにさらさらとした灰白色のおりものになります。

かゆみは?
外陰部にかゆみがあります。

●子宮頸がん

どんな病気?
子宮の入り口部分にあたる、子宮頚部にできるがんで、女性特有のがんの中では、乳がんに次いで多いがんです。

どんな症状?
初期はほとんど自覚症状がありませんが、進行すると性交時出血などの不正出血、おりものの異常、下腹部痛、腰痛などがあります。

おりものは?
白色や黄色、血の混じったおりものになり、がんが進行すると、ピンクや暗赤色のおりものになります。

かゆみは?
特にかゆみはありません。

●萎縮性膣炎

どんな病気?
女性ホルモンの分泌量の低下により、膣内の粘膜が乾燥・萎縮して雑菌が繁殖するために炎症が起きる病気です。

どんな症状?
性器周辺の不快感やかゆみ、膣からの不正出血、性交時痛、おりものの異常などがあります。

おりものは?
黄色や赤みの帯びたおりものになり、悪臭を伴うこともあります。

かゆみは?
膣内の炎症があり、かゆみが伴います。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP