HOME » カンジタ

カンジタ

カンジタは、女性の膣の中に常在している常在菌です。普段は大人しくしていますが、色々な条件が重なると、悪さをして、カンジタ膣炎を発症します。女性に多いこの疾病、一体どんな病気なのでしょうか。その原因と症状、治療方法から、予防方法、男性のカンジダまで、カンジダ攻略のポイントをまとめています。

カンジタってどんな病気?

カンジタ膣炎は、カンジタ菌が増殖して発症する病気です。女性の5人に1人が経験するという疾病ですが、どのようにして感染するのでしょうか。カンジタの感染ルートから発症原因、症状まで調べました。
女性の5人に1人がかかるカンジタ膣炎について詳しく>>>

病院から自宅まで、最新カンジタ治療

もしかしたら、カンジタかもしれないと思ったら、すぐに専門機関を受診して、検査・治療を受けましょう。最新検査方法から治療法、治療中の心がまえまで、知っておきたいカンジタ治療について調べました。まで調べました。
カンジタ最新治療事情~検査から治療中のマナーまで>>>

予防と改善方法

カンジタ予防の基本は、デリケートゾーンを清潔にすることです。ところが、正しいケアの方法を知っている人はそう多くはありません。カンジタを予防・改善する、正しいケアの仕方をレクチャーします。
カンジタ予防のキーワ―ドは、清潔なデリケートゾーン>>>

これってカンジタ!? おりもの・かゆみチェック

意外と知らない、おりものやかゆみに隠されている、本当の意味。カンジダと思ったら、実は違う病気だったということも。おりものやかゆみから知る、女性がかかりやすいデリケートゾーンのトラブルをまとめています。
おりもの・かゆみから調べる、デリケートゾーンのトラブル>>>

男性のカンジダ

カンジタは男性でも発症しますが、なりやすい人となりにくい人がいるようです。どのような人がカンジダになり、発症するとどのような症状が現れのでしょうか。男性のカンジタについて、調べています。
女性も知っておきたい男性のカンジタ>>>

全身の症状から分かる、性感染症テックリスト

性感染症の中に、特徴的な初期症状がないものがあります。発見が遅れると、重症化したり、パートナーにうつしてしまうことも。特に妊産婦が感染すると、胎児や赤ちゃんにも影響が及びます。

おりものやかゆみ、ニオイをチェックして、デリケートゾーンの状態を観察することが、早期発見への近道です。性感染症によっては、皮膚や全身に症状が現れる場合もあります。チェックシートで当てはまる項目があれば、早めに病院に行って、検査をうけましょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP