HOME » 子宮頸がん

子宮頸がん

子宮頸がんとは若い女性に多い、子宮の入り口部分にできるがんのことです。

子宮と腟をつないでいる、子宮頚部に腫瘍ができます。女性特有のがんでは、乳がんの次にかかる人が多いがんであり、20代~30代の若い世代では発症率が1位のがんです。

原因 

子宮頸がんの原因は、性行為によりヒトパピローマウイルスに感染することであることが明らかになっています。

女性全体の約8割は、一生に一度はヒトパピローマウイルスに感染するといわれていますが、感染した人の90%以上は、2年以内に自然にウイルスが体内から排出されます。

それ以外の約10%にあたる人が、何らかの原因でウイルスを排出させることができずに、子宮頸部にウイルスを残したまま生活することになります。

残ったままのウイルスは、子宮頚部の細胞を変化させますが(異形成)、この状態も多くは自然治癒し、がん化するまで進行するのはその中の数%ほどといわれています。

症状

子宮頸がんは初期症状がほとんどないため、たまたま受けた健康診断やブライダルチェックで感染が判明するほかは、がんが進行してから発見されることがほとんどです。

初期の頃はがんにともなう痛みなどを感じることはなく、まれにおりものに血がまじったり、白色や黄色のおりものが出たりすることがあります。

がんが進行すると、おりものがピンク色や暗赤色になるほか不正出血があることもあります。これらの症状は生理不順とも似ているため、見逃してしまうことも少なくないようです。

がんが進むと子宮を全摘出しなければならないため、少しでも気になる症状があれば婦人科で相談をしてください。

子宮頸がんの検査

子宮頸がんの検査では、細い棒のような器具を使い、子宮頸部から細胞を採取する検査をおこないます。

痛みを感じることはほとんどありません。自治体などで無料~1,000円程度で検診を行っている場所も多くありますので、会社の健康診断に婦人科検診が含まれていない場合には調べてみるといいでしょう。

1年に1回は検診を受けることが望ましいとされています。 

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP