HOME » 細菌性腟症(非特異性腟炎) » どんな病気?

どんな病気?

細菌性腟症とは女性だけの病気で、クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダなどの微生物以外の、普段から腟のなかに存在している一般細菌のバランスが崩れて起こる病気です。

もともと腟のなかに自然に存在する細菌が原因であるため、自然に治癒することもあります。

重大な症状が出ることは稀ですが、デリケートゾーンの臭いが強くなるため、悩んでいる女性が多い疾患のひとつです。

悪臭のするおりものがあったら、細菌性腟症の可能性が

細菌性腟症の特徴は魚臭帯下とも呼ばれる、臭いのするおりものです。

この病気は人からうつる性感染症ではなく、腟内の環境が乱れていることが原因で発症します。

本来であれば腟のなかは、元々生息している乳酸桿菌の影響で酸性に保たれ、他の悪玉菌が繁殖するのを防ぐことができています(自浄作用)。

しかし、腟の洗いすぎや免疫力の低下、ホルモンバランスの変化などによって自浄作用が低下すると、様々な細菌が繁殖してしまいます。

抗生物質を飲むことで、一時的に乳酸桿菌が死滅してしまうこともあり、女性であれば誰にでも起こり得るありふれた病気です。

魚の腐ったような臭い

細菌性腟症になると、おりものから魚の腐ったような生臭い悪臭を感じるようになります。

これは魚臭やアミン臭とよばれていて、生理後やセックスの後は雑菌が増えることから特に悪臭が強くなります。

臭いが発生しない場合もありますが、細菌性腟症では悪臭が生じるケースが多く、他の症状としてかゆみを感じる、灰白色のおりものが増える、排尿時に痛みを感じるなどの症状が見られます。

妊娠中は特に注意

妊娠中の細菌性腟症は、早産の危険性を高めるといわれています。増殖した細菌が胎児を包んでいる絨毛膜・羊膜に達すると、絨毛膜羊膜炎を引き起こしてしまうのです。

この病気は、分娩時に母子感染を起こし、新生児の髄膜炎や肺炎の原因となる可能性もあります。できる限り赤ちゃんを授かる前に、治療を済ませておくようにしましょう。

成城松村クリニック院長 松村圭子先生

広島大学附属病院等の勤務を経て2010年に「成城松村クリニック」を開院。婦人科専門医として婦人科検診、月経トラブルや更年期障害などの治療を行うかたわら、講演、執筆、TV出演など幅広く活躍中。
女性のトータルケアをサポートし、西洋医学だけでなく、漢方やサプリメント、オゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法なども積極的に治療に取り入れている。

■成城松村クリニック:http://seijo-keikoclub.com/

成城松村クリニック院長 松村圭子先生監修

デリケートゾーン石鹸トップ10を決定!デリケートゾーン石鹸ランキング

PAGE TOP